骨材資源工学会とは

この学会は昭和44年4月に 創設されました。以来、砂利、砕石など岩石土石資源の開発、骨材の製造、建設用原材料への有効利用方法、公害防止および安全対策などの研究と、骨材に係わ る各種試験、調査の受託、及び斡旋を行ってきました。現在会員層は、直接骨材の製造にたずさわる砕石・砂利製造業者、機械プラントメーカー、重機メーカー 及び鉱山・建設関係の技術者・研究者、官庁、学協会関係者等多岐にわたっています。

 

定期刊行物

会誌「骨材資源」が年4回発刊されております。その内容は研究論文ばかりでなく、骨材関係の総説・解説、各種関連資料や現場の紹介、見学記、トピックス、国家試験問題等の解説です。特に業界のニーズを踏まえたホットな話題を提唱し好評を得ています。

Home 骨材資源工学会とは